メソアメリカでのみ栽培されていたカカオが16世紀に

スペイン人によって初めて移植されたのがこのトリニダード。

カカオプランテーション第一号はトリニダードでした。

                       カカオは大きく3種に分類されますが、そのうちの一つ、

                       トリニタリオ種はトリニダードが原産地です。

                       香り高く上質だが病気に弱いクリオロ種と、香りは弱いが

                       病気に強いフォラステロ種、両者の性質の良いとこ取りを

                       したハイブリッド種です。

 

以前はカカオが国の主産業の一つで、全盛期の1900年代

前半には世界第4位の生産量を誇り、人々の生活にも

欠かせない存在でした。世界三大カーニバルの一つ

トリニダードのカーニバルでは、「ジュベ」という

前夜祭が行われます。現在は、泥やカラーペンキを

掛け合うお祭りですが、以前はチョコレートが使われ

ていたそうです。

 

                       一大産業だったカカオは、石油やガス等エネルギー産業の発展と

                       ともに衰退し、最盛期の百分の一近くまで生産量は低下。

                       しかし歴史ある産業を消してはならないと、復興の動きも出てき

                       ました。高品質カカオを作ることで、農家の自立を促す活動が

                       広がり始めています。トリニタリオは、カカオの販売を通じて

                       この活動の一助となる事を願っています。

​トリニダード  知識